販促物

高所作業・大型看板 札幌で看板を格安で製作する。

こんにちは。

当社は特殊印刷や販促物製作など、製作業務を数多く行っていますが、施工業務も頻繁に行っています。
空中車輛やユニックなどで看板デザイン交換・設置・撤去が主な業務です。看板製作・設置を内製化して行っております。屋外看板の場合特殊車両を持ちこむので、その地域によって作業できる時間帯は制限されます。交通量の多い場所や、バスレーンがある場所、人通り、歩道の幅など確認して道路使用許可申請書を所轄の警察に提出してから、指定の時間内に業務を行います。道路使用許可申請書も、周りの環境、地図、車両寸法などの詳細を明記した資料を作成し、手数料を支払い、許可が下りてから施工業務を行えることになります。当然のことながら、空中車輛は周りの電線や障害物の確認をして作業できるかどうか事前に確認しなければなりません。備え付けの看板であればデザイン意匠交換であっても今後どれくらいの間使用できるか、腐食はどれだけ進んでいるかなど確認し、クライアントに報告しなければなりません。強度のない看板を使用することはとても危険なことですので、これは重要な業務であり、安全な業務をと安全な管理が徹底できるよう努めるのが私たちの仕事です。

特需クラブ 代表
株式会社特需プロジェクト 代表取締役
モノと仕組みを作る人      松 浦 哲 也

ホテル営繕で叱られながら仕事をすることを覚え、小さな旅行会社で上場企業と新規取引をし、リフォームの訪問販売で4日で40万円稼いだことに味をしめ半年後に辞める時には6か月で60万円しか稼げなかった苦い経験をし、配管工になってから一人で現場を任せていただく喜びを感じ、なぜか北海道全域に豆を卸す食品製造工場で一番肝心な「セラミックロースターで焼き具合の管理、味付け」を行い、物産展の企画販売で全国を飛び回り、ソフトウェア販売、印刷システム販売をへて、看板資材メーカーにて営業所長職と東京で新規事業立上げを行い、過去にお世話になった印刷会社の助っ人として営業部長を務め、いつの間にか覚えた技術で会社を興しを運営しております。

そして、様々な障害もありましたが…

創業してから数多くのお客様と接することで「仕事を通じて夢をつくる」をモットーに事業を行ってきましたが、実際は「仕事を通じて絆をつくる」ということを行ってきたように思います。お客様のご要望にはいつも「夢」がついてまわります。その想いを感じながら商品を製作することにやりがいを感じ、数々のご要望に答え、お客様と喜びを共有させていただきました。「夢」と「喜び」は、お客様と弊社社員一同共有できるものです。この好循環を様々なカタチに変え、今後もサービスを提供していくつもりです。